使い分けした方がカードローンは良い? ☆

今すぐお金が必要だからと言ってすぐに申し込みをしてしまう方がいますが、それは少し待ってみませんか?
確かに、消費者金融は即日審査してくれますし融資だって早いです、銀行は低金利で借入に厳しい制限もありません。
しかし、それだけ確認してカードローンの申し込みをしてしまうのは効率的だとは言えませんので、使い分けてみるのが良いでしょう。
例えば今すぐお金が必要になるなら消費者金融の即日融資を、長期的な利用だったら銀行の方が良いでしょう。


カードローンはメリットを比較してから

消費者金融と銀行にはそれぞれメリットとデメリットがありますから、その点を見つけ出してよく比較することが大事です。
アコムとプロミスでしたら初めての方に限りまして無利息機関が設けられていますし、三菱東京UFJ銀行やオリックス銀行であれば即日審査をしてくれますので、主婦でもお気軽に申し込みが出来ます。
時にはそれぞれのデメリットも活かしながらカードローンを利用して、自分の目的を確実に果たしていきませんか?


目的に合わせて利用する

一番良いのは目的に合わせて利用先を決める事なので、消費者金融と銀行一か所ずつ申し込んでおくのが良いかもしれませんね。
両方に申し込みをしておけば、その目的によりカードローンを使い分けることが出来てとても良いと思います。
ただし、専業主婦の方は銀行カードローンしか利用出来ないので、その点をお忘れなく!

カードローンの督促状が自宅に届いた! ☆

現在では、誰にも知られることなく金融機関を利用することが出来るようになり嬉しい事ではありますが、逆に怖い事でもあります。
ある日自宅にカードローンの督促状が届き、妻が内緒で利用していたと知られてしまうケースが増えています。
もちろん、その逆で旦那が秘密でカードローンを利用していたというケースもあるため、知っておくと良いかもしれません。
自宅に督促状が送られてきてしまうのは、返済をしっかり行っていないためなのです!


カードローンの返済義務は誰にある?

自分の知らないところで勝手に借入され、自宅に督促状が届いた場合どう処理するべきなのでしょうか?
専業主婦の場合は旦那の所得証明書を利用してカードローンの審査を行なっています。
つまり、その奥さんが返済せず延滞してしまうと旦那の信用に傷をつけることになってしまいますから、注意するようにしてください!
カードローンの返済義務が生じるのは、契約した本人と保証人のみなのです。


放置するとどうなる?

督促状が送られてきてそのまま放置してしまいますと、今度は裁判所から通達が郵送されてくることになります。
裁判所からカードローンの返済がされていないことを聞かされその意思が無いと判断された時の、最後の手段となります。
この通達を無視してしまうと、あなたの敗訴が認められてもう金融機関の利用も出来なくなってしまいます。

ご褒美に使うカードローン ☆

普段忙しく働いている方や一生懸命に仕事を頑張っている方もいますが、そんな自分のことを褒めていますか?
中には自分に甘い方もいるとは思いますが、厳しい方は自分の為に何か購入したり特別な時間を作ってみるのはどうでしょう。
そんなお金なんてないと言う方は、金融機関のカードローンを少しだけ利用して自分にご褒美を与えてみては。
少額から借入できるので、初めてカードローンを利用する方でも何も怖い事はありませんから、ぜひ活用してみて下さい。


カードローンは主婦の味方?

毎日働きながら家事もこなしているお母さんや女性は、自分にご褒美を与えても罰は当たらないと思います。
カードローンは主婦でも申し込みが可能ですから返済できる金額を考えてから、計画的に利用してみてはいかがでしょうか?
借入をしてほしかった洋服や家具を購入したり、ちょっと贅沢をしてレストランで食事したりするのも良いと思います。
普段頑張っている主婦にこそ、カードローンを利用して時には羽を伸ばしていただきたいものです。


専業主婦の場合は?

毎日家事をひたすらこなしているので、こちらも大変だと思います。
銀行カードローンなら専業主婦も借入可能なので、審査を受けてカードを発行してもらいましょう。
消費者金融よりも銀行の方が利息も低いですし、返済もしやすくて本当におすすめですから視野に入れてみてはいかがでしょう?

カードローンはどんな人でも申し込める? ☆

金融会社を利用している方もいれば、これから利用しようかと考えている方もいると思うのです。
便利なカードローンの申し込みは、誰でも出来ると言うわけではなく最低限の条件があるので、しっかり押さえておきましょう。
申し込みできるのは20歳以上で収入の安定している方となっているので、アルバイトや主婦でも利用できるのです。
ただ、あまりにも収入が低い方や波がある方の場合はカードローンの審査に通れないことがありますから、気を付けるように!


カードローンは主婦でも大丈夫!

金融機関への申し込みは条件を満たしていれば可能なのですが、消費者金融と銀行では若干条件が変わってきます。
消費者金融は総量規制があるため、収入の無い主婦、つまり専業主婦の利用は出来ないことになっているので覚えておきましょう。
一方銀行カードローンは、規制対象外ですから専業主婦でも申し込みをして借入することが可能となっています。
しかし、その場合は配偶者の所得証明書と夫婦である証明書が必要になりますので、しっかり準備しておくようにしましょう。


金融事故を起こしている人は?

過去に自己破産や時効の手続きをしている方は10年間、金融機関の申し込みが出来ないと言われています。
金融事故を起こしてしまうと融資をしても返済してもらえないのでは?と判断されるため、申し込みからお断りされてしまいます。
カードローンは信用第一なので、金融事故などを起こさぬようちゃんと計画的に利用していきましょう。